• ホーム
  • ワイン
  • WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)MÖHLIN 2018(メーリン 2018ヴィンテージ)【SOLD OUT】

WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)MÖHLIN 2018(メーリン 2018ヴィンテージ)【SOLD OUT】



WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)MÖHLIN 2018(メーリン 2018ヴィンテージ)









WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)MÖHLIN 2018(メーリン 2018ヴィンテージ)WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)BELLEN  2018(ベーレン  2018ヴィンテージ)WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)KANZEL 2018(カンゼル 2018ヴィンテージ)WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) WEISSBURGUNDER (ヴァイスブルグンダー)MÖLIN 2018(メーリン 2018ヴィンテージ)WASENHAUS(ヴァーゼンハウス)CHARDONNAY (シャルドネ)FILZEN 2018(フィルツェン 2018ヴィンテージ)輸入元 正規代理店 (株)オルヴォー
    村岡覚 むらおかまさる MURAOKA MASARU 絶対的信頼関係 超絶 最強
    GERAMAN BUNDESREPUBILK DEUTSCHLAND プレンデスレプブリーク・ドイチュランド ドイツ連邦共和国 輸入元 (株)オルヴォー 村岡覚 MURAOKA
    MASARU 絶対的信頼関係 名古屋唯一特約店 限定流通 正規代理店 拘り
    激レア 極少量入荷 話題 ワインラヴァー 大注目 入手困難 奇跡のバックヴィンテージ 全国 争奪戦 
    Baden(バーデン地方)Staufen im Breisgau(シュタイヘン・イン・ブライスガウ地方)にある醸造所。バーデン地方は、ドイツにある13のワイン産地の最南に位置する生産地域。北はタウバー川、南はボーデン湖に達しドイツで3番目に広い産地です。またドイツで最も温暖な地域であり、年間日射時間が1700時間以上・年間平均気温が11度。ドイツで最も太陽に恵まれたワイン産地。シュタイフェン・イン・ブライスガウ村は、ドイツの南西部にあり、フランス国境も近いです。アルザスのコルマールへは車で約1時間、ブルゴーニュのボーヌへでも約3時間で行ける場所です。蔵の名前「ヴァーゼンハウス」は、クリストフが育った家と農園についていた名前。町から外れた、牧草地や畑に囲まれた、ヴァーゼン(畑や草原の意味)の家という意味。クリストフは、「ヴァーゼンハウス」で自然、農業とブドウ畑に囲まれて育つ。両親は農業・酪農に関わっており、その影響で子供の頃からオーガニックやビオディナミに触れていた。またアルバイトで近所のブドウ畑で収穫を手伝う事もあった。2011年から2013年はオーストリアの首都ウィーンに留学して農業大学に通う。ワイン好きだった彼は、ブドウ栽培にも興味があり、大学でブドウの栽培やワイン醸造に関しても少し勉強していた。卒業後はドイツの実家に戻り家業の手伝いを始める。2013年夏、クリストフはバイクでスペイン旅行を決める。しかし、出発の数日前に彼の人生に大きく影響を与えるワインをの飲むことになった。ブルゴーニュの生産者「Bernard Van Berg(ベルナール・ファン・ベルグ)」のワインを飲んだクリストフは、すぐに生産者に会いたくなりバイクでブルゴーニュを訪れた。
     Bernard Van Berg ベルギー出身の有名な元プロ写真家。元々趣味だったワインを自ら造るためにムルソーに移り住み、ワインの醸造を行なったたが、現在は
    ワイン造りを行っていない。
    2013年クリストフは、ベルナール・ファン・ベルグで一年間研修する。ベルナール・ファン・ベルグは規模が小さく仕事量も少ない為、ベルナールの紹介でビオデイナミを実践するルフレーヴでの研修も同時に行う。2014年、ボーヌのワイン醸造学校に通う。ベルナール氏の紹介でワインを勉強に来ている学生が集まる寮でくらすことになり、そこでアレクサンダーと出会う。2015年、ボーヌのワインの醸造学校に通う。ベルナール氏の所にも定期的に通いながら、ポマールのコント・アルマンでも研修を行う。 アレククサンダーは、ドイツ・ドレスデン出身。元はランドスケープ・アーキテクト。仕事の関係でワイン生産者達と交流していた。ワインの興味が大きくなり、彼は仕事をやめ、2012年からクリストフとは違うボーヌの栽培・醸造学校に通う。同時にピエール・モレで研修。翌年からド・モンティーユで働き始める。学生寮で出会ったクリストフとアレキサンダーの友情は深まり、その後、ド・モンティーユ家のシャトーで、1年間二人で暮らしていた。二人は沢山のワインを飲み交わし、語り合い、そして互いに刺激し合っていた。またその間、アレクサンダーもクリストフの地元に戻り、まずはネゴシアンとして一緒にワイン造りを始める事を決心する。クリストフ曰く「テロワールはブルゴーニュに似た粘度石灰で、ブドウ品種はピノノワールやピノブランが多く存在している。ブドウ畑は家族代々守られたものが残っており、有機栽培やビオディナミ栽培が進んでいる地方なのです。優良なブドウ畑を比較的格安に入手できるなどなど、多くの可能性と将来性を秘めた場所だと信じている。」2016年の初頭に急斜面で機械が入れないブドウ畑も手に入れ、自社畑のブドウと買いブドウで念願のワイン造りをスタートさせた。現在クリストフはヴァーゼンハウスに駐在して栽培と醸造を行っている。アレクサンダーは現在でも、ドゥ・モンティーユで栽培責任者として勤めているが、ヴァーゼンハウスの収穫・栽培には蔵へ戻る。栽培・醸造に関しては二人で相談しながら、二人で判断・決定している。マセラシオンカルボニック ピシャージュ フィルター無し コラージュ無し 微量のso₂添加 キュヴェゾン ステンレスタンク ブルゴーニュ産古樽オーク ボトリング 樹齢約60年のドイツのクローン シャスラ(グートエーデル) バトナージュ シュールリー スキンコンタクト ベントナイト プレス ブレンド
    



株式会社富屋酒店 トミヤサケテン とみやさけてん TOMIYA SAKETEN NAGOYA 愛知県名古屋市瑞穂区上坂町1-41-2 tomiya-saketen.com 特約店 特約流通 地酒 ワイン 専門店  社長 代表 上田豊二 利き酒師 焼酎アドバイザー シャンパーニュシュヴァリエ おたく マニア 堀田駅 熱田神宮駅
名古屋高速 堀田出口すぐ 牛巻交差点すぐ レトロ街並み 瓦屋根








お問い合わせください。

本日23日(祝)はお休みとなります。メールにてお問い合わせください。









WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)MÖHLIN 2018(メーリン 2018ヴィンテージ)WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)BELLEN  2018(ベーレン  2018ヴィンテージ)WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) SPÄTBURGUNDER (シュペートブルグンダー)KANZEL 2018(カンゼル 2018ヴィンテージ)WASENHAUS(ヴァーゼンハウス) WEISSBURGUNDER (ヴァイスブルグンダー)MÖLIN 2018(メーリン 2018ヴィンテージ)WASENHAUS(ヴァーゼンハウス)CHARDONNAY (シャルドネ)FILZEN 2018(フィルツェン 2018ヴィンテージ)輸入元 正規代理店 (株)オルヴォー
    村岡覚 むらおかまさる MURAOKA MASARU 絶対的信頼関係 超絶 最強
    GERAMAN BUNDESREPUBILK DEUTSCHLAND プレンデスレプブリーク・ドイチュランド ドイツ連邦共和国 輸入元 (株)オルヴォー 村岡覚 MURAOKA
    MASARU 絶対的信頼関係 名古屋唯一特約店 限定流通 正規代理店 拘り
    激レア 極少量入荷 話題 ワインラヴァー 大注目 入手困難 奇跡のバックヴィンテージ 全国 争奪戦 
    Baden(バーデン地方)Staufen im Breisgau(シュタイヘン・イン・ブライスガウ地方)にある醸造所。バーデン地方は、ドイツにある13のワイン産地の最南に位置する生産地域。北はタウバー川、南はボーデン湖に達しドイツで3番目に広い産地です。またドイツで最も温暖な地域であり、年間日射時間が1700時間以上・年間平均気温が11度。ドイツで最も太陽に恵まれたワイン産地。シュタイフェン・イン・ブライスガウ村は、ドイツの南西部にあり、フランス国境も近いです。アルザスのコルマールへは車で約1時間、ブルゴーニュのボーヌへでも約3時間で行ける場所です。蔵の名前「ヴァーゼンハウス」は、クリストフが育った家と農園についていた名前。町から外れた、牧草地や畑に囲まれた、ヴァーゼン(畑や草原の意味)の家という意味。クリストフは、「ヴァーゼンハウス」で自然、農業とブドウ畑に囲まれて育つ。両親は農業・酪農に関わっており、その影響で子供の頃からオーガニックやビオディナミに触れていた。またアルバイトで近所のブドウ畑で収穫を手伝う事もあった。2011年から2013年はオーストリアの首都ウィーンに留学して農業大学に通う。ワイン好きだった彼は、ブドウ栽培にも興味があり、大学でブドウの栽培やワイン醸造に関しても少し勉強していた。卒業後はドイツの実家に戻り家業の手伝いを始める。2013年夏、クリストフはバイクでスペイン旅行を決める。しかし、出発の数日前に彼の人生に大きく影響を与えるワインをの飲むことになった。ブルゴーニュの生産者「Bernard Van Berg(ベルナール・ファン・ベルグ)」のワインを飲んだクリストフは、すぐに生産者に会いたくなりバイクでブルゴーニュを訪れた。
     Bernard Van Berg ベルギー出身の有名な元プロ写真家。元々趣味だったワインを自ら造るためにムルソーに移り住み、ワインの醸造を行なったたが、現在は
    ワイン造りを行っていない。
    2013年クリストフは、ベルナール・ファン・ベルグで一年間研修する。ベルナール・ファン・ベルグは規模が小さく仕事量も少ない為、ベルナールの紹介でビオデイナミを実践するルフレーヴでの研修も同時に行う。2014年、ボーヌのワイン醸造学校に通う。ベルナール氏の紹介でワインを勉強に来ている学生が集まる寮でくらすことになり、そこでアレクサンダーと出会う。2015年、ボーヌのワインの醸造学校に通う。ベルナール氏の所にも定期的に通いながら、ポマールのコント・アルマンでも研修を行う。 アレククサンダーは、ドイツ・ドレスデン出身。元はランドスケープ・アーキテクト。仕事の関係でワイン生産者達と交流していた。ワインの興味が大きくなり、彼は仕事をやめ、2012年からクリストフとは違うボーヌの栽培・醸造学校に通う。同時にピエール・モレで研修。翌年からド・モンティーユで働き始める。学生寮で出会ったクリストフとアレキサンダーの友情は深まり、その後、ド・モンティーユ家のシャトーで、1年間二人で暮らしていた。二人は沢山のワインを飲み交わし、語り合い、そして互いに刺激し合っていた。またその間、アレクサンダーもクリストフの地元に戻り、まずはネゴシアンとして一緒にワイン造りを始める事を決心する。クリストフ曰く「テロワールはブルゴーニュに似た粘度石灰で、ブドウ品種はピノノワールやピノブランが多く存在している。ブドウ畑は家族代々守られたものが残っており、有機栽培やビオディナミ栽培が進んでいる地方なのです。優良なブドウ畑を比較的格安に入手できるなどなど、多くの可能性と将来性を秘めた場所だと信じている。」2016年の初頭に急斜面で機械が入れないブドウ畑も手に入れ、自社畑のブドウと買いブドウで念願のワイン造りをスタートさせた。現在クリストフはヴァーゼンハウスに駐在して栽培と醸造を行っている。アレクサンダーは現在でも、ドゥ・モンティーユで栽培責任者として勤めているが、ヴァーゼンハウスの収穫・栽培には蔵へ戻る。栽培・醸造に関しては二人で相談しながら、二人で判断・決定している。マセラシオンカルボニック ピシャージュ フィルター無し コラージュ無し 微量のso₂添加 キュヴェゾン ステンレスタンク ブルゴーニュ産古樽オーク ボトリング 樹齢約60年のドイツのクローン シャスラ(グートエーデル) バトナージュ シュールリー スキンコンタクト ベントナイト プレス ブレンド
    



株式会社富屋酒店 トミヤサケテン とみやさけてん TOMIYA SAKETEN NAGOYA 愛知県名古屋市瑞穂区上坂町1-41-2 tomiya-saketen.com 特約店 特約流通 地酒 ワイン 専門店  社長 代表 上田豊二 利き酒師 焼酎アドバイザー シャンパーニュシュヴァリエ おたく マニア 堀田駅 熱田神宮駅
名古屋高速 堀田出口すぐ 牛巻交差点すぐ レトロ街並み 瓦屋根










【SOLD OUT】完売しました。ありがとうございました。







(株)富屋酒店

名古屋市瑞穂区上坂町1-41-2

TEL:052・881・0957

MAIL:info@tomiya-saketen.com

人気記事
カテゴリー
アーカイブ